SInce 1968

「海から生まれた女神」それがシーボニアという意味です。

1968年ある先輩が考え抜いたこの言葉「シーボニア」を我々は愛情を込めて50年間受継ぎ守り抜いて来ました。

我々、シーボニアヨットクラブ(略称SYC)のメンバーは、海を愛し、海を慈しみ、そして何より海を楽しみます。

SYCのメンバーは、仲間と共に、家族と共に、クルーと共に、クルージングやレース、フィッシング、クラブのイベント等を通して、ハーバーで過ごす時間を大切にしています。そこでの出会いや、語らい、料理と酒など、我々に最高の癒しの環境を与えてくれています。

SYCは1968年創立から現在まで50年間、高度経済成長、オイルショック、バブル経済、度重なる台風の直撃等、時代の流れの中で先輩達が常に楽しいクラブライフを創造し続けて参りました。
50年と云う歴史の中で、施設所有、運営会社が何度か変わりましたが、親子2代、3代に亙る会員も多数おります。

メンバーの楽しみ方やクラブに対して求める事は、その時代の社会環境とともに変化して参りました。クラブは常に会員の意識の変化を感じ取り、クラブ運営に活かして参ります。その努力がこのクラブの50年に亘る歴史と伝統を作ってきました。この歴史を支えてきた数々のクラブ活動は先輩会員の努力の賜物であり、SYCの象徴であり、誇りでもあります。

これからのクラブライフのあり方は、クラブの過去の歴史を参考に、時代に合った運営をして行かなければなりません。会員にとって、家族・ゲストにとって、クルー・仲間にとって常に楽しいクラブライフを追求して参ります。

SYCとシーボニアは、関東・相模湾・小網代湾と云う日本有数の自然環境豊かなロケーションを舞台に、ベテランハーバースタッフによる細かな会員ニーズに対応出来る布陣で、50年の歴史を刻むメンバーズクラブとして、次の10年を見据え誇りをもった運営に努めて参ります。

 

シーボニア ヨットクラブ理事長

木村 平右衛門